気になっている歯並び〜矯正を検討しませんか?

歯列矯正をする

歯並びについてコンプレックスを持っている人もいるのではないでしょうか?
歯並びが悪いと、なかなか人前で柄を作ることができなくなってしまいます。
またほかにも歯磨きをしっかりと行なっているつもりでも、磨き残しができやすくなります。
その結果、虫歯や歯周病を発症してしまう可能性もあります。
歯並びが悪いのであれば、歯科で歯列矯正の処置をすることも検討しましょう。
歯列矯正は、ブラケットとワイヤーを使って、歯を正しい位置に矯正していく治療法のことを指します。
このような方法で、歯列矯正をした場合、だいたい2〜3年かけた矯正をするのが一般的です。
歯科における歯列矯正ですが、大きく分けて子供と大人の2通りの歯列矯正があります。
子供の場合ですが、歯の位置を整えるための歯列矯正がありますが一方で骨格矯正と言って、あごの骨の形を整えるような治療法が導入されることもあります。
子供の場合、歯の生え換わりがあります。
そこでまずは永久歯が生えそろうような6〜10歳程度になるまで様子を見て、そこから歯列矯正をして歯並びを整えると言うことをやってみるといいでしょう。
もし子供の歯並びについて不安を持っているのであれば、いきなり治療ではなく、歯科に行って相談をすることを優先すべきです。
大人の矯正ですが、最近ではかなり技術の進歩も進んでいると言われています。
このため、ある程度の年齢になると、矯正の治療が難しくなると言われていました。
しかし最近ではそのようなこともなくなって、いろいろな治療を実施することができるようになっています。
従来のワイヤーを使っての治療のほかにも、裏側から矯正をする方法やマウスピースを使って矯正する方法もあります。
子供の場合には、あごの骨格から矯正する方法もあります。
しかし大人になってしまうと、骨格の矯正をすることはできなくなります。
例えば、歯並びに問題のある人の中には、歯の生えてくるスペースが狭くなってしまっているというケースもあるかもしれません。
このような場合、子供であれば、骨をずらすことで、うまくスペースを作ることもできます。
しかし大人になってしまうと、このような手法をとることができなくなってしまうので、他の方法で対処せざるを得なくなります。
例えば、抜歯をすることによって、歯を並べることができるようなスペースを整えると言った治療を実施するケースもあります。
どのような治療方針を取るかについてですが、一度歯科にいって、口の中の様子を見てもらうことです。
Copyright (C)2014気になっている歯並び〜矯正を検討しませんか?.All rights reserved.